テーマ

炒める

2020年07月17日 UP

究極の!うま味ゴーヤーチャンプルー

●小春(ぽかぽかびより)さん考案

うま味調味料ポイント!

ゴーヤーチャンプルーを、うま味調味料の力で、究極においしく仕上げるレシピです。

ゴーヤーをうま味水(水+うま味調味料)にひたすことによって、程よく苦味が抜け、うま味がプラスされます。
また、うま味たっぷりの卵液で炒めることによって、全体がより味わい深く、あと引くおいしさに仕上がります。

苦味をより減らす方法・最大限に減らす方法は、レシピ工程⑤に補足として記載しております。
ゴーヤーが好きな方は、いつもよりおいしく。
ゴーヤーが苦手な方は、このレシピでぜひゴーヤーデビューを。

材料2人分

  • 豚薄切り肉

    120g

  • ゴーヤー

    1本 可食部140g

  • 木綿豆腐

    半丁 140g

  • 塩、こしょう 

    各少々

  • 醤油 

    小さじ1

  • かつお削り節 

    ひとつまみ

  • 油 

    小さじ1

〈A〉

  • うま味調味料 

    小さじ1

  • 水  

    500ml

〈B〉

  • うま味調味料

    6ふり

  • 卵 

    2個

作り方

  1. ゴーヤーは縦半分に切り、種とわたをスプーンなどで取り除く。

    8mmの厚さに切り、【A】を合わせた「うま味水」に15分ひたす。

    ザルにあげて水気を切る。

    B】を溶きほぐしておく。

  2. フライパンに油を入れて中火で熱し、豚薄切り肉を並べ塩、こしょうをふる。

    豚薄切り肉の色が変わってきたら、木綿豆腐を一口大にちぎりながら入れる。

  3. 豚薄切り肉は、こんがりと焼き色をつける。

    木綿豆腐があたたまったら、ゴーヤーを加え3分ほど炒め合わせる。

  4. 醤油・かつお削り節を加えて味を調え、予め溶きほぐしておいた【B】をフライパンのふちから回し入れ、大きく混ぜる。

    器に盛り付け、お好みでこしょうをふる。

  5. ーーー補足ーーー

    ゴーヤーの苦味をさらに減らしたい場合

    ①8mmに切ったゴーヤーを、塩と砂糖でもみ(各小さじ1/3)10分置く。

    沸騰させた500mlの湯にうま味調味料小さじ1を加え、のゴーヤーをそのまま加えて1分ほどゆでる。

    ザルにあげて水気を切る。

    こうすることで、かなり苦味が減ります。

    下ゆですることで、ゴーヤーに火が入るので、フライパンでさっと炒め合わせるだけでできて、時短にもなります。

     

    最大限に苦味を減らしたい場合

    ゴーヤーの外側、緑色のつぶつぶ部分をピーラーで削ぎ落としてください。(ゴーヤーの苦味成分は、種・わたではなく、外側に多くあります)

    苦味成分に栄養があるのですが、お好みで調理に活用してみてください。

◉調理のポイント

豚肉
薄切り肉の部位は、肩ロース肉を使用しました。
お好みで、スパムやハムなどでもお作りいただけます。
豚肉の脂が少ない場合は、加える油を多めにしてください。

 

木綿豆腐
じっくり炒めることで、水切りは不要。
火の通し方が足りないと水っぽくなってしまうので、中火でじっくり炒めながら水気を飛ばしてください。

 

かつお削り節
粉末の削り粉でも構いません。
かつお節とうま味調味料を一緒に使うと、かつお節のうま味成分「イノシン酸」とうま味調味料のうま味成分「グルタミン酸」との「うま味の相乗効果」で、よりうま味が豊かになり、おいしくなります。