テーマ

主菜、煮る

2020年04月05日 UP

食塩相当量(1人分)

1.5g

南蛮漬けとは、唐辛子を加えた漬け汁に揚げた素材を漬け込んだもの。ここでは鶏むね肉を使いましたが、いわしやあじ、わかさぎなどの魚介類でも作れます。野菜も一緒に漬け込んで、栄養と風味のよさをプラス。日持ちするので、作りおきできるのもうれしいですね。

材料2人分

  • 鶏むね肉(皮なし)

    200g

  • うま味調味料

    少々

  • 小麦粉

  • かぼちゃ

    1/8個(100g)

  • なす

    1個

  • セロリ

    1本

  • 赤唐がらし

    1本

〈A〉

  • みりん

    大さじ2

  • 砂糖

    大さじ1

  • うま味調味料

    少々

  • 少々

  • カップ1/2

〈B〉

  • 大さじ3

  • しょうゆ

    大さじ2

  • 長ねぎ

    1/2本

  • しょうが

    1かけ

  • 揚げ油

    適量

◉材料メモ

・南蛮漬けを上手に作るには、揚げたての材料を漬け込んで味をよくなじませるのがコツ。酢には減塩効果がありさっぱりと仕上がりますが、鼻にツンとくる匂いが苦手の人も多いでしょう。うま味調味料を加えると酸っぱさがやわらぎ、まろやかに仕上がります。

作り方

  1. 小なべにAの調味料と種を取った赤唐がらしを入れ、ひと煮する。火からおろし、Bの材料(長ねぎとしょうがは薄切り)を加え、冷ましておく。

  2. 鶏むね肉はひと口大のそぎ切りにし、うま味調味料と塩をまぶす。小麦粉をまぶして180℃の油で揚げ、油をよくきり、熱いうちに1に漬ける。

  3. 中温のまま、薄切りにしたかぼちゃをサッと揚げる。かぼちゃを取り出したら高温にし、ひと口大に切ったなすとセロリを揚げる。油をよくきり、熱いうちに2に漬け、そのまま冷ます。

先生プロフィール

小川聖子(おがわ・せいこ)
女子栄養大学卒業。栄養士。親しみやすく失敗のない料理に定評があり、テレビ、雑誌などで活躍中。特に野菜に精通し、一汁三菜の食卓を提唱している。近著に『ゴーヤー、オクラ、とうもろこし、枝豆のおかず』(グラフ社刊)など