テーマ

主菜、炒める

2020年04月02日 UP

食塩相当量(1人分)

2.1g

中華の定番メニュー、えびのチリソース炒めにふわふわの半熟いり卵を添えて、カラフルで栄養満点のひと皿に。お好みで豆板醤の量を変え、辛味を調整してください。風味のよい殻付きのえびを使いましたが、なければむき身のものでもかまいません。

材料2人分

  • えび(殻付き)

    300g

〈A〉

  • うま味調味料

    少々

  • 小さじ1

  • しょうが汁

    小さじ1

  • 片栗粉

    小さじ2

  • にんにく(みじん切り)

    1/2かけ分

  • しょうが(みじん切り)

    小1かけ分

  • 長ねぎ(みじん切り)

    1/2本分

  • 豆板醤

    小さじ1/2

  • ケチャップ

    大さじ1

  • 3個

  • 少々

  • うま味調味料

    少々

〈B〉

  • オイスターソース

    小さじ2

  • はちみつ

    小さじ1

  • しょうゆ

    小さじ1

  • 大さじ1

  • 小さじ1

  • うま味調味料

    少々

  • カップ1/2

  • 片栗粉

    小さじ1と1/2

  • 大さじ1

  • ごま油

    小さじ1/2

  • サラダ油

    大さじ3

◉材料メモ

冷凍えびを使う場合は、ビニールに入れて流水で解凍したり、水にさっとくぐらせるなど手早く解凍するのがコツ。ふわふわ卵にうま味調味料を加えましょう。卵とうま味調味料の相性は抜群。目玉焼きやだし巻き玉子に少々と、色々な卵料理にぜひ使ってみて。

作り方

  1. えびは殻ごとサッと洗い、水気を拭き取り殻をむく。Aをもみ込み、片栗粉をまぶす。フライパンにサラダ油大さじ2を熱し、えびを重ならないように並べ、両面を焼いて取り出す。

  2. 油をあけ、フライパンに付いている油でにんにくを炒め、しょうがと長ねぎ(仕上げ用に少し取っておく)を加えて炒める。豆板醤、ケチャップを加えて炒め、合わせておいたBを加える。

  3. えびを戻し入れ、水で溶いた片栗粉を加えてとろみをつける。ごま油を加える。皿に取り出しておく。

  4. 卵に塩とうま味調味料を加え、ざっくり混ぜる。フライパンに残りのサラダ油を熱し、強火でザッと混ぜて半熟のいり卵を作る。皿に盛ってえびをのせ、残りの長ねぎを飾る。

先生プロフィール

小川聖子(おがわ・せいこ)
女子栄養大学卒業。栄養士。親しみやすく失敗のない料理に定評があり、テレビ、雑誌などで活躍中。特に野菜に精通し、一汁三菜の食卓を提唱している。近著に『ゴーヤー、オクラ、とうもろこし、枝豆のおかず』(グラフ社刊)など