テーマ

主菜、炒める

2020年03月31日 UP

江戸菜とは聞き慣れないかもしれませんが、小松菜を改良した青菜で、なければ小松菜やチンゲン菜、ほうれん草でも代用できます。にんにくとしょうがが香りたつ炒めものです。

材料4人分

  • 江戸菜または小松菜

    200g

  • 豚ばら薄切り肉

    150g

  • 赤ピーマン

    少々

  • 砂糖、サラダ油

    各適量

〈A〉

  • しょうが汁

    少々

  • 少々

〈B〉

  • にんにく

    1/3かけ

  • しょうが

    1/3かけ

〈合わせ調味料〉

  • スープ

    大さじ1

  • 小さじ1/2

  • 砂糖

    少々

  • ごま油

    少々

  • うま味調味料

    小さじ1と1/2

  • 片栗粉

    小さじ1/2

◉材料メモ

・江戸菜は小松菜を改良した青菜で、小松菜よりも数倍大きく、シャキッとした歯ごたえがあります。3で湯と砂糖を加えるのは、江戸菜の苦味を消すためです。

・スープについては、帆立貝のガーリック蒸しを参照してください。

作り方

  1. 江戸菜はざく切りにし、水洗いする。赤ピーマンはせん切りにする。

  2. 豚肉はひと口大に切り、Aを加えてもみ込む。

  3. 中華鍋をよく熱して油をなじませ、2を入れて焦げ目がつくまで炒め、取り出す。

  4. 3の鍋に油大さじ1を足し、1の江戸菜、湯と砂糖各少々を入れて手早く炒め、ザルに上げる。

  5. 4の鍋に油大さじ2を足し、Bを炒める。香りが立ったら、赤ピーマン、豚肉、江戸菜を加えて炒め、合わせ調味料を加えて強火で炒め合わせる。

先生プロフィール

譚 彦彬(たん ひこあき)
「赤坂璃宮」をはじめ4店を統括する総料理長。広東料理の第一人者としてテレビや雑誌で幅広く活躍し、著作も多数ある。