テーマ

主菜、炒める

2020年04月05日 UP

かぶと小えびのバター炒め

食塩相当量(1人分)

0.7g

秋から冬が旬のかぶを、小えびとバターを合わせることでコクのある一品に仕上げました。かぶをじかにバターで炒めると甘みが増しておいしくなりますが、火を通し過ぎると軟らかくなりすぎて食感が悪くなるので、さっと炒める程度に。

材料2人分

  • かぶ

    4個

  • 小えび

    100g

  • うま味調味料

    適量

  • こしょう

    少々

  • 小麦粉

    少々

  • バター

    小さじ2と大さじ1

  • 塩、こしょう

    各少々

◉材料メモ

バターで炒めたかぶは、うま味調味料でさらにコクが増します。切り落とした葉にはカルシウムやビタミンAが多いので、捨てずに汁ものの具や煮ものに利用して。小えびは下味にうま味調味料を使ってうま味を出すことで、塩分を減らしてもおいしくいただけます。

作り方

  1. かぶは茎を3cmくらい残して葉を切り落とし、半分に切る。水に放ち、茎の根元の間の泥を竹串などで洗う。7~8mm厚さに切る。小えびは表面の水気を拭いてうま味調味料少々とこしょうを振っておく。

  2. フライパンにバター小さじ2を熱し、水気を拭いたかぶを強火でさっと炒める。うま味調味料少々を振り、取り出す。

  3. バター大さじ1を熱し、小麦粉をまぶしたえびの両面を炒め焼く。2を戻し入れ、塩、こしょうで味を調える。

先生プロフィール

小川聖子(おがわ・せいこ)
女子栄養大学卒業。栄養士。親しみやすく失敗のない料理に定評があり、テレビ、雑誌などで活躍中。特に野菜に精通し、一汁三菜の食卓を提唱している。近著に『ゴーヤー、オクラ、とうもろこし、枝豆のおかず』(グラフ社刊)など