テーマ

主菜、煮る

2020年04月05日 UP

辛味とこってり味で食欲が進みます。唐辛子と花椒は炒めて香りをだしてから、細かく刻みましょう。

材料4人分

  • 鶏手羽先

    8本

  • 長ねぎ

    5cm

  • しょうが

    1/2かけ

  • にんにく

    3かけ

  • わけぎ

    少々

  • サラダ油

    大さじ2

〈A〉

  • 赤唐辛子

    8本

  • 花椒

    小さじ1

〈B〉

  • 鶏がらスープ

    カップ1と1/2

  • 老酒または酒

    大さじ1

  • しょうゆ

    大さじ3

  • 砂糖

    大さじ1/2

  • うま味調味料

    少々

作り方

  1. 長ねぎは斜めぶつ切りにし、にんにくはみじん切り、しょうがは薄切りにする。

  2. 中華鍋を熱して油をなじませ、Aを軽く炒め、取り出して刻む。

  3. 2の鍋に残った油で手羽先を炒め、両面に焼き色をつけたら、1を加えて炒める。香りが立ったらBを加え、ふたをして弱火で15分ほど煮込む。

  4. 3の長ねぎ、しょうがを取り出し、2を加えてさっと煮、仕上げにごま油をたらす。

  5. 器に盛り、5~6cm長さに切ったわけぎを散らす。

先生プロフィール

孫成順(そん せいじゅん)
北京生まれ。16歳から料理修行を始め、弱冠24歳で遠東ホテルのシェフに就任し、25歳で特級技師資格を取得。1991年に来日し、現在は東京・六本木「中国名菜 龍坊」の料理長を務めるかたわら、雑誌などでも指導に当たる。