テーマ

副菜、煮る

2020年04月05日 UP

チンゲン菜と桜えびのサッと煮

食塩相当量(1人分)

0.6g

チンゲン菜は老化の原因となる活性酸素を抑え美肌効果のあるβカロテンや、骨を丈夫にするカルシウム、貧血予防に効果のある鉄分が含まれています。桜えびを加えることで、うま味も栄養もアップ。

材料2人分

  • チンゲン菜

    2株

  • 桜えび

    大さじ2

  • カップ1/2

  • うま味調味料

    少々

  • 大さじ1

  • みりん

    小さじ2

  • しょうゆ

    小さじ2

◉材料メモ

・やわらかい葉の部分とかたい茎の部分では火の通りが違うので、葉と茎に切り分けて煮るようにします。うま味調味料を使うと、だしをとる手間が省けて便利。しょうゆは最後に加えることで、香りよく仕上がります。

作り方

  1. チンゲン菜はひと口大に切り、葉の部分と茎の部分に分ける。

  2. 小鍋に水とチンゲン菜の茎の部分を入れ、うま味調味料を振って火にかけ、ひと煮する。葉の部分と桜えび、酒、みりんを加え、3~4分煮る。

  3. 煮えたらしょうゆを加え、ひと煮する。

先生プロフィール

小川聖子(おがわ・せいこ)
女子栄養大学卒業。栄養士。親しみやすく失敗のない料理に定評があり、テレビ、雑誌などで活躍中。特に野菜に精通し、一汁三菜の食卓を提唱している。近著に『ゴーヤー、オクラ、とうもろこし、枝豆のおかず』(グラフ社刊)など