テーマ

主菜、煮る

2020年04月02日 UP

食塩相当量(1人分)

1.8g

おふくろの味として人気の魚の煮つけですが、難しそうでなかなか手が出ない料理のひとつでは? でも、煮立てた煮汁に魚を入れて火を通せばいいだけの、実は手間なし料理です。ぜひ挑戦してみてください。

材料2人分

  • かれい

    2切れ

  • 梅干し

    1個

  • うま味調味料

    少々

  • しょうゆ

    大さじ1と1/2

  • カップ1

  • 大さじ2

  • みりん

    大さじ2

  • しょうが

    少々

  • 水菜

    1/2束(100g)

◉材料メモ

・魚を煮るときは必ず煮汁を煮立てたところに魚を入れます。身が締まって、煮崩れやうま味が煮汁に流れ出すのを防ぎます。そして、ひと振りのうま味調味料がおいしさをプラス。梅干しやしょうがは魚特有のくせを抑える役割をします。

作り方

  1. 小なべにちぎった梅干しとうま味調味料、しょうゆ大さじ1、水を入れ、煮立てる。

  2. かれいと酒、みりん、薄切りにしたしょうがを加え、落としぶたをして強火で煮る。煮立ったら中火にし、10分ほど煮てかれいに火を通す。

  3. かれいを取り出し、水少々(分量外)を足し、水菜のザク切りをサッと煮て、残りのしょうゆを加えて火を止める。皿にかれいと水菜を盛り、煮汁をかける。

先生プロフィール

小川聖子(おがわ・せいこ)
女子栄養大学卒業。栄養士。親しみやすく失敗のない料理に定評があり、テレビ、雑誌などで活躍中。特に野菜に精通し、一汁三菜の食卓を提唱している。近著に『ゴーヤー、オクラ、とうもろこし、枝豆のおかず』(グラフ社刊)など