テーマ

主菜、煮る

2020年04月01日 UP

食塩相当量(1人分)

1.5g

冬においしいカリフラワーは、ビタミンCが豊富で風邪の予防にも役立ちます。淡白な味のカリフラワーにしっかり味のそぼろあん。とろみのついた熱々のあんが身体を温めてくれるので、寒い日にぴったりの一品です。

材料2人分

  • カリフラワー

    小1/2個

  • 鶏ひき肉

    100g

  • 削り節

    大さじ3

  • 片栗粉

    小さじ1と1/2

  • 大さじ1

  • 小ねぎ

    4~5本

  • 溶きがらし

    少々

〈A〉

  • うま味調味料

    少々

  • 大さじ1

  • 砂糖

    大さじ1

  • 小さじ1/4

〈B〉

  • みりん

    大さじ1

  • しょうゆ

    大さじ1

  • 少々

◉材料メモ

・カリフラワーのおいしさを存分に引き出すために、煮汁にはうま味調味料を加えています。うま味が溶け出ている煮汁をそぼろあんの煮汁に利用しているので、コクのあるまろやかな仕上がりに。カリフラワーとそぼろあんの味の相性も、からみも良くなります。

作り方

  1. カリフラワーは小房に分け、小なべにAとともに入れてひたひたの湯を加え、落としぶたをしてやわらかくなるまで煮る。煮汁は取っておく。

  2. 別の小なべに鶏ひき肉とBを加え、箸数本でかき混ぜながらいりつける。水分がなくなりぽろぽろになったら、1の煮汁120ccを加える。

  3. 煮立ったら、からいりした削り節を手でもみほぐしながら加え、水で溶いた片栗粉でとろみをつける。カリフラワーを器に盛ってそぼろをかけ、小口切りにした小ねぎをのせ、溶きがらしを添える。

先生プロフィール

小川聖子(おがわ・せいこ)
女子栄養大学卒業。栄養士。親しみやすく失敗のない料理に定評があり、テレビ、雑誌などで活躍中。特に野菜に精通し、一汁三菜の食卓を提唱している。近著に『ゴーヤー、オクラ、とうもろこし、枝豆のおかず』(グラフ社刊)など