テーマ

郷土料理、減塩

2020年06月22日 UP

食塩相当量(1人分)

0.9g 減塩率 34%(対伝統レシピ)

うま味調味料ポイント!

・うま味調味料の使い所!

仕上げに加えることで、食材の持ち味を生かしながら、おいしく、味全体をまとめることができます。
煮干しだしのうま味成分とうま味調味料のうま味成分との相乗効果で、味わい深くなります。

◉第2回「うま味調味料活用 郷土料理コンテスト」2017 伝承賞

チーム:升井料理クラブ
所属 :武庫川女子大学 生活環境学部 食物栄養学科
審査員コメント・受賞チームの味覚評価結果はコチラ

うま味調味料をだしの補いとして使用し、煮干しだしのうま味とうま味調味料のうま味との相乗効果でおいしく減塩したレシピです。

材料2人分

  • 豚もも薄切り

    40g

  • 大根

    30g

  • にんじん

    20g

  • 玉ねぎ

    20g

  • 油揚げ

    20g

  • こんにゃく

    20g

  • 酒粕

    35g

  • 米みそ(甘みそ)

    20g

  • 煮干しだし

    1・1/2カップ

  • うま味調味料

    0.4g(4振り)

  • 小ねぎ・小口切り

    適量

作り方

  1. 酒粕は、ちぎって米みそとともにすり鉢に入れ、分量の煮干しだしから少しとって柔らかくしておく。柔らかくなったら、すりこぎでよくすり、なめらかにしておく。

  2. こんにゃくは下茹でし、短冊切りにする。豚肉は1.5cm幅に切り、だいこん、にんじんはいちょう切りにする。

  3. たまねぎは縦半分にして薄切りにする。油揚げは熱湯で油抜きしてから短冊に切る。

  4. 鍋に煮干しだしを入れ、だいこんとにんじんを加えて煮る。火が通ったらたまねぎを加えて煮る。アクが出たら取り除く。

  5. 4にこんにゃく、油揚げ、豚肉を加えて、全ての具材に火が通ったら、1の酒粕を加えて味をととのえる。

  6. 器に盛り、うま味調味料を加えて軽く混ぜ、小ねぎの小口切りを散らす。

「兵庫の郷土料理 粕汁の特徴」
(受賞者の応募レポートより)

酒どころで広く親しまれている粕汁。酒蔵メーカーが多く集まる関西で広く親しまれている料理である。特に兵庫県は全国でも有名な酒蔵である灘五郷があり、粕汁が親しまれてきた。

 

寒い冬に家族で食べる料理。正月に購入した鮭や鰤の骨や頭を入れ、正月の祝いおさめとして1月20日に粕汁にしていただくのが慣わしとなっている地域もある。

 

日本酒などのもろみを圧搾した後に残る白色固形物の酒粕は、アミノ酸、ビタミンB2や葉酸などを多く含んでおり、健康効果が期待される食品として、価値が見直されている。