テーマ

郷土料理、主菜

2020年03月30日 UP

さんがとは、ねぎ、しょうが、みそを混ぜたあじやいわしのたたき身を貝殻に詰め、青じそをのせて直火で焼く、千葉・外房の郷土料理です。家庭では小判形にまとめてフライパンで焼くといいでしょう。

材料4人分

  • いわし

    8尾

  • 青じそ

    4枚

  • しょうが

    1/2かけ

  • わけぎ

    2本

  • サラダ油

    適量

〈A〉

  • みそ

    大さじ4

  • 大さじ1

  • 小麦粉

    大さじ2

  • うま味調味料

    少々

作り方

  1. いわしは頭を切り落として内臓を取り、水洗いして水気を拭き、手開きにする。

  2. 青じそ、しょうがはみじん切りにし、わけぎは小口切りにする。

  3. いわしは尾を切って包丁でよくたたき、2を加えてたたき混ぜ、続けてAを加えてさらに混ぜたたく。

  4. フライパンに油を熱し、3を小判形にまとめて並べ、両面を焼く。

先生プロフィール

荻原悦子(おぎはら えつこ)
東京・鷺ノ宮で悦子クッキングスクール(白鷺料理教室)を主宰。専門学校の講師を務めるほか、テレビや雑誌でもヘルシーな料理を幅広く提案する。東京都出身。