テーマ

郷土料理、汁物

2020年03月27日 UP

産後の乳の出をよくするために嫁に食べさせる、淡路島の行事食。ささげとずいきは古い血を下し、だんごは体力をつけるといわれます。ちょぼという名は、子どもがかわいいおちょぼ口になるように、との願いを込めたもの。お宮参りの祝いには、親戚や知人にちょぼ汁をふるまうそうです。

材料4人分

  • ささげ

    カップ1/2

  • ずいき(乾燥)

    5g

  • もち粉

    カップ1/2(75g)

  • だし汁

    カップ2と1/2

  • うま味調味料

    少々

  • 白みそ(田舎)

    70g

◉材料メモ

・ささげは若いさやは野菜(ナガササゲ)に、実は乾燥豆にされます。あずきは煮くずれるのが切腹につながるとして嫌われたため、昔から赤飯にはささげが使われました。豆の色は赤、黒、白などがあります。手に入らなければ、あずきを使ってください。

・ずいきは里いもの茎を干したもので、いもがらとも呼ばれます。

・昔はだんごをうるち米の粉で作ったそうですが、現在は味のよいもち粉が使われています。

作り方

  1. ささげはサッと洗い、3倍量の水とともに鍋に入れて火にかけ、煮立ったら湯を捨てる。水カップ2と1/2を加えて火にかけ、蓋をしてコトコトと静かに30分ほど煮る。豆がふっくらとしたら煮上がり。

  2. ずいきは水につけてもどしてアクを抜き、小口切りにする。

  3. もち粉に水大さじ5~5と1/2を少しずつ加えてこね、全体がまとまったら、1.5センチほどのだんご状にちぎる。

  4. (1)のゆで汁にだし汁を補ってカップ3と1/2程度にしてささげと合わせ、うま味調味料、ずいきを加えて10分ほど煮る。(3)を入れて5~6分煮、だんごが浮いてきたら、みそを溶き入れる。

先生プロフィール

為後喜光(ためご よしみつ)
辻学園調理技術専門学校技術教育本部長・日本料理主任教授。テレビ出演や講演など幅広く活躍し、多数の著作がある。NHKの連続ドラマ「ほんまもん」では技術指導に当たった。