テーマ

減塩、汁物

2020年03月31日 UP

小松菜、ひき肉のピリ辛スープ

豚ひき肉を使ってコクとボリュームを出した一品。あくが少ないのでそのまま調理できる小松菜と合わせて、手早く仕上げます。小松菜はカルシウムが豊富なのもうれしいところ。ピリ辛味は胃を刺激して食欲を増進し、体を温めてくれます。

材料(4人分)

  • 小松菜

    1/3束(100g)

  • にんにく

    1/2かけ

  • 長ねぎ

    1/2本

  • 豚ひき肉

    50g

  • 豆板醤

    小さじ1/3

  • しょうゆ

    小さじ2

  • こしょう

    少々

  • ごま油

    小さじ1

〈A〉

  • うま味調味料

    少々

  • 大さじ1

  • カップ2

◉材料メモ

豚ひき肉はじっくり炒めて完全に火を通してから調味料を加えます。火の通りが不十分だと、煮ているときにあくが出てきておいしく仕上がりません。小松菜は根元の部分に泥が入り込んでいることがあるので、水の中で振り洗いするなどして汚れをよく落としてから使いましょう。

作り方

  1. 小松菜は3cm長さに切り、茎と葉先にざっと分け、茎は細かくほぐす。にんにくはみじん切りにする。長ねぎは縦半分に切ってから斜め薄切りにする。

  2. 小鍋にごま油とにんにくを入れて弱火にかけ、ゆっくりと炒める。長ねぎを加えてさらによく炒める。少し焼き色がついたら、ひき肉と豆板醤を加えて炒める。

  3. Aと小松菜の茎を加えてひと煮し、葉も加える。

  4. 小松菜がやわらかくなったら、しょうゆ、こしょうで味を調える。

先生プロフィール

小川聖子(おがわ・せいこ)
女子栄養大学卒業。栄養士。親しみやすく失敗のない料理に定評があり、テレビ、雑誌などで活躍中。特に野菜に精通し、一汁三菜の食卓を提唱している。近著に『ゴーヤー、オクラ、とうもろこし、枝豆のおかず』(グラフ社刊)など