テーマ

汁物、煮る

2020年03月27日 UP

食塩相当量(1人分)

1.5g

すりごまを加えることでカルシウムが多く摂れるようにし、風味よく仕上げたみそ汁。毎日毎日、同じようなみそ汁だと飽きてしまいますが、すりごまのほか、仕上げに辛子や七味唐辛子などの薬味を効かせるとまた違った味わいで楽しめます。

材料2人分

  • さといも

    2~3個

  • 適量

  • まいたけ

    1/2パック(50g)

  • 長ねぎ

    1/4本

  • だし

    カップ2

  • うま味調味料

    少々

  • みそ

    大さじ1と1/3

  • すりごま

    大さじ1と1/2

◉材料メモ

・標準的なだしカップ2の取り方は次の通り。水450mlに昆布5cmを入れて中火にかけ、煮立つ直前に昆布を取り出します。削り節ひとつかみを加え、もう一度煮立ったら火を止めて削り節が沈むまで待ち、ペーパータオルなどでこしてでき上がり。

作り方

  1. さといもは皮をむき、ひと口大に切り、多目の塩でもむ。ぬめりが出たら水洗いする。まいたけはほぐしておく。長ねぎはぶつ切りにする。

  2. 小鍋にだしを煮立て、水洗いしたさといもを加えて煮る。大体やわらかくなったら、まいたけを加える。うま味調味料、長ねぎを加えてひと煮し、みそを溶き入れる。

  3. 火を止め、すりごまを加える。好みで、辛子(水で少し溶くとよい)、七味唐辛子、粉ざんしょうを添える。

先生プロフィール

小川聖子(おがわ・せいこ)
女子栄養大学卒業。栄養士。親しみやすく失敗のない料理に定評があり、テレビ、雑誌などで活躍中。特に野菜に精通し、一汁三菜の食卓を提唱している。近著に『ゴーヤー、オクラ、とうもろこし、枝豆のおかず』(グラフ社刊)など