テーマ

副菜、ゆでる

2020年04月05日 UP

食塩相当量(1人分)

1.0g

食物繊維の豊富なごぼうといんげんを組み合わせて、ごまのコクとからしのピリリ感がきいたあえものに。あえものはこの味つけ、と決めずに、あえ衣にいろいろな調味料や香辛料を加えて、味のバリエーションを広げましょう。

材料2人分

  • ごぼう

    100g

  • 適量

  • うま味調味料

    少々

  • いんげん

    80g

  • すりごま

    大さじ2

〈A〉

  • はちみつ

    小さじ1

  • 小さじ1

  • しょうゆ

    大さじ1

  • からし

    小さじ1/2

◉材料メモ

・ゆでたての野菜にうま味調味料を振って冷ますと、うま味がよくしみて野菜にコクが出、水っぽくなるのを防ぐことができます。ごぼう独特の香りは皮や皮の近くにあるので、あまりこそげないこと。また、水にさらし過ぎないことも大事です。

作り方

  1. ごぼうは泥をよく洗い、縦半分に切ってから斜め薄切りにし、酢水に取る。湯に酢少々を加えてゆで、ザルに上げ、うま味調味料を振って冷ます。

  2. いんげんはゆでてザルに上げ、うま味調味料を振って冷ます。ごぼうと同じくらいの大きさに切る。

  3. Aの調味料を混ぜ合わせて1・2をあえ、すりごまを加えて混ぜる。

先生プロフィール

小川聖子(おがわ・せいこ)
女子栄養大学卒業。栄養士。親しみやすく失敗のない料理に定評があり、テレビ、雑誌などで活躍中。特に野菜に精通し、一汁三菜の食卓を提唱している。近著に『ゴーヤー、オクラ、とうもろこし、枝豆のおかず』(グラフ社刊)など