テーマ

時短・簡単、副菜

2020年04月02日 UP

食塩相当量(1人分)

1.1g

昔ながらの白あえは、手間がかかると思っていませんか。すり鉢がなくても大丈夫、万能こし器やザルを使えば簡単に作ることができます。なめらかな豆腐の舌触りとごまの風味が食欲をそそる一品です。

材料2人分

  • ほうれん草

    120g

  • うま味調味料

    少々

  • 木綿豆腐

    100g

〈A〉

  • 練りごま

    大さじ1

  • 砂糖

    大さじ1

  • しょうゆ

    小さじ1

  • 小さじ1/4

◉材料メモ

ゆでたほうれん草はうま味調味料をまぶすことで塩分を加えなくてもうま味が引き出され、水っぽさを取ることもできます。ごまは料理にコクを出すのに威力を発揮する食材ですが、あえ衣に加えることで淡白な白あえに奥行きのある味わいを生み出しました。

作り方

  1. 木綿豆腐はつぶしながらバットに広げたペーパータオルに押し付け、水気をきる。急ぐときは、ペーパータオルを何回か換えるとよい。

  2. ほうれん草はゆでて冷水に取り、水気をしぼって2cm長さに切る。うま味調味料を振りかけておく。

  3. 1を万能こし器などでこし、よく混ぜてからAの調味料を加えて混ぜる。2をあえる

先生プロフィール

小川聖子(おがわ・せいこ)
女子栄養大学卒業。栄養士。親しみやすく失敗のない料理に定評があり、テレビ、雑誌などで活躍中。特に野菜に精通し、一汁三菜の食卓を提唱している。近著に『ゴーヤー、オクラ、とうもろこし、枝豆のおかず』(グラフ社刊)など