テーマ

副菜、炒める

2020年04月05日 UP

ごぼうの香りと歯ごたえがたまらない定番の一品です。せん切りにすると歯ごたえが楽しめますが、お年寄り向けにはささがきすると食べやすくなります。

材料4人分

  • ごぼう

    大1本

  • にんじん

    3cm

  • 削り節

    1パック(5g)

  • いり白ごま

    適量

  • 一味唐辛子

    適量

  • サラダ油またはごま油

    大さじ2

〈A〉

  • しょうゆ、酒

    各大さじ2

  • 砂糖

    大さじ1

  • うま味調味料

    少々

◉材料メモ

ごぼうは良い香りが皮にあるので、皮のむきすぎは禁物。泥を洗い落とした後で、包丁の背で軽くこそげるか、たわしでこすります。斜め薄切りにしてからせん切りにし、切ったらすぐに水にさらしてアクを抜きましょう。

作り方

  1. ごぼうは包丁の背で皮をこそげてせん切りにし、水にさらす。

  2. にんじんはせん切りにする。

  3. 鍋に油を熱し、水けをきった1、2を炒め、油が回ったら 炒める。
    Aを加えて汁けがなくなったら削り節を混ぜ、器に盛って白ごまと一味唐辛子をふる。
    ※ごぼうはせん切りにすると歯ごたえが楽しめますが、お年寄り向けにはささがきすると食べやすくなります。

先生プロフィール

堀江ひろこ

堀江ひろ子(ほりえ ひろこ)
料理研究科、栄養士。東京・成城の堀江料理学園で家庭料理を教えるかたわら、テレビやラジオ番組、雑誌でも幅広く活躍する。
『野菜の料理・秋冬』(扶桑社)など著者多数。