テーマ

副菜、煮る

2020年04月02日 UP

小松菜とツナ缶のサッと煮

食塩相当量(1人分)

0.9g

ツナ缶を使って、あっという間にでき上がる煮ものです。こまつなは、ほうれん草よりもアクが少ないので、ゆでてから水にさらす手間がはぶけ、煮汁にそのまま入れられるのがうれしい。みそとしょうがの香りが食欲をそそります。

材料2人分

  • こまつな

    2/3束(200g)

  • ツナ缶

    小1缶

  • しょうが

    1かけ

〈A〉

  • うま味調味料

    少々

  • 砂糖

    小さじ1

  • カップ1/4

  • 大さじ1

  • みりん

    小さじ2

  • みそ

    小さじ2

◉材料メモ

あれこれ使い回しの利くツナ缶と、だしをとる手間を省いてくれるうま味調味料が強い味方になってくれます。魚のくせを解消するだけでなく、かえって素材本来の持ち味を生かすことにも。

作り方

  1. こまつなは3~4cmのザク切りにし、茎と葉のほうにザッと分ける。ツナ缶は油をきっておく。しょうがはせん切りにする。

  2. 小なべに酒以外のAの材料を煮立て、ツナとこまつなの茎、酒を加えて1~2分煮る。こまつなの葉を加えてしんなりするまで火を通す。

  3. みりんで溶いたみそとしょうがを加え、ひと混ぜして火を止める。

先生プロフィール

小川聖子(おがわ・せいこ)
女子栄養大学卒業。栄養士。親しみやすく失敗のない料理に定評があり、テレビ、雑誌などで活躍中。特に野菜に精通し、一汁三菜の食卓を提唱している。近著に『ゴーヤー、オクラ、とうもろこし、枝豆のおかず』(グラフ社刊)など