テーマ

副菜、煮る

2020年03月29日 UP

かぼちゃのいとこ煮

いとこ煮とはあずきと野菜の煮もので、神仏への供物を集めて煮た行事食が始まりです。また、かたい材料から順に入れて煮ることから、おいおい(甥)、めいめい(姪)にかけたごろ合わせが名前の由来ともいわれています。

材料4人分

  • あずき

    100g

  • かぼちゃ

    1/4個(300g)

  • だし汁

    カップ1/2

  • うま味調味料

    小さじ1/4

  • 砂糖

    大さじ2

  • 薄口しょうゆ

    大さじ1弱

◉材料メモ

・あずきはこの2倍量をゆでることをおすすめします。里いもやさつまいものいとこ煮にしてもおいしく、残りは冷凍保存もできます。蒸したあずきを使う場合は、だし汁をカップ1にして作ります。

作り方

  1. あずきはさっと洗い、5倍量の水とともに鍋に入れて強火にかける。沸騰したら中火にし、10分ほどゆででてから湯を捨てる。水カップ2を入れて再び強火にかけ、沸騰したら弱火にし、指で軽く押してつぶれるまで約1時間ゆで、ザルに上げてゆで汁はとっておく。

  2. かぼちゃは4センチ角に切り、皮をところどころむいて水に浸す。

  3. 鍋にあずき、かぼちゃ、だし汁、小豆のゆで汁カップ1/2、うま味調味料を入れてアルミホイルで落とし蓋をし、強めの中火にかけて、煮汁がほとんどなくなるまで15分ほど煮る。

先生プロフィール

武蔵裕子(むさし ゆうこ)
「Cooking Studio武蔵」を主宰する料理研究家。旬を大切にした和食を中心に、アレンジのきく家庭料理を教えるかたわら、雑誌やテレビでもオリジナルメニューを指導する。