テーマ

郷土料理、主菜

2020年04月05日 UP

愛媛の松山は五色そうめんが有名。姿の鯛と波に見立てたそうめんの鉢盛り料理が鯛めんです。これは、香川や徳島でも婚礼や法事の席で出されるものとか。本来は鯛を姿煮にしますが、今回は塩焼きにする手軽なレシピをご紹介します。

材料4~6人分

  • 1尾(700~800g)

  • 適量

  • そうめん

    6束(300g)

  • 干ししいたけ

    6枚

〈つゆ〉

  • カップ2と1/2

  • しょうゆ

    大さじ4弱

  • みりん

    大さじ4弱

  • うま味調味料

    少々

〈A〉

  • カップ2

  • しょうゆ、砂糖

    各大さじ1

  • うま味調味料

    少々

〈B〉

  • 錦糸卵

    適量

  • きゅうり(せん切り)

    1本分

  • 青じそ(せん切り)

    10枚分

◉材料メモ

錦糸卵の作り方。卵2個を溶きほぐし、砂糖・酒各大さじ1、うま味調味料少々を混ぜ、フライパンで薄く焼いて5mm幅に切る。

作り方

  1. 鯛はうろこ、内臓を除き、塩をふって20~30分おいてから焼く。

  2. 鍋につゆの材料を入れ、煮立ったら火から下ろして冷ます。

  3. 干ししいたけはもどして石づきを取る。もどし汁、Aとともに鍋に入れてじっくり煮含め、そのまま冷ます。冷めたら、細切りにする。

  4. そうめんはたっぷりの熱湯で2分30秒ほどゆで、冷水でもみ洗いしてぬめりを取り、ザルに上げる。

  5. 器にそうめんと鯛を盛って3、Bを添え、2を静かに注ぐ。

先生プロフィール

浜内千波(はまうち ちなみ)
東京・中野、ファミリークッキングスクール校長。料理研究家として雑誌やテレビで料理指導にあたるほか、商品開発や広告の分野でも活躍中。徳島県宍喰町出身。