テーマ

郷土料理、主食

2020年03月31日 UP

食塩相当量(1人分)

4.0g

徳島の牟岐はひじきの名産地。波打ち際でのひじき採りは、春の風物詩でもあります。この一品は、親戚が集まる祝いの席でよく出されるもの。ひじきをもどさずに直接煮ることによって、具を混ぜてもご飯が黒く染まりません。

 

材料4人分

  • 3合

  • ひじき(乾)

    30g

  • 干ししいたけ

    4枚

  • かんぴょう

    30センチ

  • にんじん

    1/3本

  • ちくわ

    2本

  • うま味調味料

    少々

  • 砂糖

    大さじ3

  • しょうゆ

    大さじ3

  • みりん

    大さじ2

〈A〉

  • 錦糸卵

    適量

  • 紅しょうが(粗みじん切り)

    20g

  • 煮豆(市販)

    50g

  • いり白ごま

    大さじ2

  • さやえんどう(ゆでて粗みじん切り)

    30g

〈合わせ酢〉

  • ゆずの絞り汁

    カップ1/3

  • 砂糖

    大さじ1と1/2

  • 大さじ2/3

◉材料メモ

錦糸卵の作り方。卵2個を溶きほぐし、砂糖・酒各大さじ1、うま味調味料少々を混ぜ、フライパンで薄く焼いて5ミリ幅に切る。

作り方

  1. 干ししいたけは水でもどして薄切りにする。かんぴょうは塩でもみ洗いし、さっとゆでて1センチに切る。にんじんはせん切りにし、ちくわは小口切りにする。

  2. 鍋に(1)、乾燥したままのひじき、しいたけのもどし汁を入れて水をひたひたに注ぎ、強火にかける。煮立ったらアクを取り、うま味調味料、砂糖を加えてしばらく煮、しょうゆを加える。汁気が少なくなったらみりんを加え、汁気がほぼなくなったら、ザルに上げて冷ます。

  3. 合わせ酢の材料を混ぜ合わせる。米は炊く30分以上前にとぎ、1割減らした水加減で炊く。

  4. ご飯が炊けたら、合わせ酢を回しかけてすしめしを作り、(2)を数回に分けて加えて混ぜる。器に盛り、Aを散らす。

先生プロフィール

浜内千波(はまうち ちなみ)
東京・中野、ファミリークッキングスクール校長。料理研究家として雑誌やテレビで料理指導にあたるほか、商品開発や広告の分野でも活躍中。徳島県宍喰町出身。