テーマ

郷土料理、主菜

2020年03月31日 UP

ままかりは隣のうちにまま(飯)を借りに行くほどおいしい、といわれる岡山名産の青背の小魚。地元では生、煮る、焼く、焼きびたし、揚げびたしといった調理法が一般的で、酢でしめてばらずしの具にもします。

材料4人分

  • ままかり

    12~16尾

  • 長ねぎ

    1本

  • しょうが

    1かけ

  • 赤唐がらし

    1本

〈つけだれ〉

  • カップ2/3

  • しょうゆ

    大さじ3

  • 大さじ3

  • 砂糖

    大さじ1

  • うま味調味料

    少々

◉材料メモ

・しこいわし、小あじでも同様に作れます。1~2日おいてよく味がしみたものも美味。また、しし唐がらしを焼いて加えてもよいでしょう。

作り方

  1. ままかりは指先でこそげてうろこを取り、内臓を除く。よく洗って水気をふき、塩少々をふる。長ねぎは5センチ長さに切る。

  2. 鍋につけだれの材料、皮つきのまま薄切りにしたしょうが、種を除いて小口切りにした赤唐がらしを入れて混ぜる。

  3. グリルや焼き網などで、ままかりと長ねぎの両面を焼いて焦げ目をつけ、バットに並べて、煮立たせた(2)を注ぐ。

  4. ラップなどで落とし蓋をし、1~2時間おいて味をなじませる。

先生プロフィール

浜内千波(はまうち ちなみ)
東京・中野、ファミリークッキングスクール校長。料理研究家として雑誌やテレビで料理指導にあたるほか、商品開発や広告の分野でも活躍中。徳島県宍喰町出身。