テーマ

郷土料理

2020年03月31日 UP

最近は東京・月島名物となって人気の高いもんじゃ焼き。ひと昔前は子どもたちが集まる駄菓子屋で、おやつ代わりに焼いていたものでした。生地にうま味調味料を加えるのは、プロがやっているとっておきのコツ。

材料4人分

  • 豚薄切り肉

    200g

  • 紋甲いか

    100g

  • キャベツ

    1/4個

  • もやし

    100g

  • 桜えび

    10g

  • 焼きそば用蒸しめん

    1玉

  • 紅しょうが、青のり

    各適量

  • サラダ油

    適量

  • しょうゆ

    小さじ2

  • ウスターソース

    大さじ3

  • 小さじ1/3

  • こしょう

    少々

  • うま味調味料

    少々

〈生地〉

  • 小麦粉

    100g

  • カップ4と1/2〜5

作り方

  1. 生地を作る。小麦粉に水を加えてよく混ぜ、他の材料を加えて混ぜる。

  2. 豚肉は1センチ幅に切り、いかは薄切りにする。キャベツはせん切りにし、もやしは根を取り、めんは食べやすく切る。1人分の生地と具を小さなボウルに入れる。

  3. 鉄板かホットプレートを熱して油を薄くのばし、(2)のボウルの具だけをのせて広げ、ヘラで切るようにして焼く。

  4. 炒めた具をリング状にして土手を作り、中央に生地を流す。フツフツと煮立ってきたら、全体をヘラで切るようにして混ぜる。

  5. 平らにならし、下のほうに焦げ目がついてきたら、紅じょうが、青のりをふり、1人分のヘラで縁から食べる。

先生プロフィール

荻原悦子(おぎはら えつこ)
東京・鷺ノ宮で悦子クッキングスクール(白鷺料理教室)を主宰。専門学校の講師を務めるほか、テレビや雑誌でもヘルシーな料理を幅広く提案する。東京都出身。