テーマ

郷土料理、主食

2020年03月29日 UP

食塩相当量(1人分)

2.0g

うま味調味料ポイント!

・だしの代わりに

素材の持ち味を引き立てながら、素材から出るうま味との相乗効果によって、炊き込みご飯をおいしくします。

九州では昔から鶏肉のことを「かしわ」と呼びます。細かく刻んだ鶏肉や野菜、干ししいたけをご飯に炊き込んだ、風味豊かでボリュームのある一品。おにぎりにしてうどんと一緒に食べることも多いとか。

材料4~6人分

  • 2合

  • 2合

  • 鶏もも肉

    小1枚(150g)

  • にんじん

    1/2本

  • 干ししいたけ

    4枚

  • ごぼう

    150g

  • 小ねぎ(小口切り)

    4本分

〈A〉

  • 大さじ1

  • しょうゆ

    大さじ1

  • しょうが汁

    少々

〈B〉

  • 大さじ2

  • みりん

    大さじ2

  • しょうゆ

    大さじ2

  • うま味調味料

    少々

作り方

  1. 米は炊く30分~1時間前にとぎ、ザルに上げる。鶏肉は8ミリ角ぐらいに切る。干ししいたけは水でもどし、軸を切り、6ミリ角に切る。にんじんは皮をむいて6ミリ角に切る。ごぼうは皮をこそげて6ミリ角に切り、薄い酢水にさらす。

  2. 鶏肉にAを混ぜ、10分ほどおいて下味をつける。

  3. 炊飯器に米と水を入れ、Bを加えて混ぜる。

  4. 鶏肉と野菜をのせて炊く。炊き上がったら、水でぬらした木しゃもじで混ぜて器に盛り、小ねぎを散らす。

先生プロフィール

大庭英子(おおば えいこ)
料理研究家。家庭で作りやすい和洋中エスニックのレシピを婦人誌・料理書などで指導。今回は、郷里の福岡でお母さんがよく作ってくれた懐かしい味を教えてもらいました。