テーマ

郷土料理、主食

2020年03月28日 UP

昔の東京・深川は海に面した漁師町でした。漁に出る前や船上で簡単に食べられるものとして生まれたのが、みそ味で煮たあさりをご飯にかけた深川丼です。あさりがかたくならせないようにいったん取り出すのが、おいしく作るポイントです。

材料4人分

  • あさり(むき身)

    400g

  • しょうが

    1かけ

  • 小ねぎ

    3〜4本

  • 焼きのり

    適量

  • うま味調味料

    少々

  • ごはん

    適量

〈A〉

  • しょうゆ、酒

    各大さじ3

  • みりん、砂糖

    各大さじ2

  • みそ

    小さじ1

作り方

  1. あさりは海水よりやや薄めの塩水で洗い、水気をきる。

  2. しょうがはせん切りにし、小ねぎは1~2cm長さに切る。のりはサッとあぶり、ポリ袋に入れてもみのりにする。

  3. 鍋にしょうが、Aを入れて火にかけ、煮立ったらあさり、うま味調味料を加える。身がプクッとふくらんだら、あさりを取り出す。

  4. 煮汁を2/3量くらいに煮詰めてからあさりを戻し入れ、小ねぎを加えてサッと煮る。器に熱いご飯を盛ってあさりを汁ごとかけ、もみのりをのせる。

先生プロフィール

荻原悦子(おぎはら えつこ)
東京・鷺ノ宮で悦子クッキングスクール(白鷺料理教室)を主宰。専門学校の講師を務めるほか、テレビや雑誌でもヘルシーな料理を幅広く提案する。東京都出身。