テーマ

郷土料理、主菜

2020年03月26日 UP

塩の道といわれる信州の名産品に、日本海で獲れたいかを愛知の塩で漬けた塩いかがあります。現在は塩漬け後に冷凍したものがあり、夏のあえものによく使われます。今回は現代風にマヨネーズ味にしてみました。サッと混ぜて召し上がってください。

材料4人分

  • 塩いか

    1ぱい

  • うま味調味料

    少々

  • きゅうり

    2本

  • 少々

  • トマト

    1個

〈A〉

  • すり白ごま

    15g

  • マヨネーズ

    大さじ2

  • 小さじ1

  • 小さじ1

◉材料メモ

・塩いかはゆでたするめいかの皮をむいて塩漬け加工したもので、塩丸いかともいいます。冷凍品は冷蔵庫で解凍してから塩抜きします。

作り方

  1. 塩いかは胴から足を抜き、冷水に2時間ほど浸けて塩抜きする。

  2. 塩いかの胴は縦割りにしてから8mm幅に切り、足は1本ずつ切り離し、うま味調味料をふって下味をつける。きゅうりは薄い輪切りにしてから塩をもみ込み、さっと洗って水気を絞る。トマトは2~3cm角に切る。

  3. ごまをすり鉢に入れて油が出るまでよくすり、残りのAを加えて混ぜる。器にAを流し、混ぜ合わせた(2)を盛る。

先生プロフィール

清澤妙子(きよさわ たえこ)
フランスやアメリカで料理を学び、東京・杉並でフランス料理とテーブルセッティングの教室「ラ・ターブル」を主宰。雑誌での料理指導のほか、食に関する執筆活動も行う。長野県飯田市出身。