レシピ〜うま味の活用〜
べっこう

別名べろべろ、えびすとも呼ばれる、富山のお正月に欠かせない料理です。寒天の中に流した溶き卵がむら雲のように美しく、しょうがの風味がキリリと味を引き締めます。

材料(4~6人分)

棒寒天 1本(約25センチ)
1個
しょうが 15g
カップ2

<A>

砂糖 70g
しょうゆ 大さじ1
小さじ2/3
うま味調味料 少々

作り方

1

寒天はかぶるくらいの水に30分ほど浸してもどす。卵はよく溶きほぐし、しょうがはすりおろす。

2

(1)の寒天の水気を絞り、ちぎって鍋に入れ、水を加えて中火にかける。寒天を完全に煮溶かしたらAを加え、再び煮立ったら火を止める。

3

すぐに(1)の溶き卵を穴杓子に通して(2)に細く流し入れ、おろししょうがをしぼって汁を加える。

4

水でぬらした流し缶に入れ、冷やし固める。食べやすい大きさに切り分け、器に盛る。

先生プロフィール

牧 弘美 (まき ひろみ)

東京・調布で「牧クッキングサロン」を主宰。テレビ料理番組のレギュラー講師としても長年活躍し、著作も多数。富山県富山市出身。