日本うま味調味料協会とは

日本うま味調味料協会は、「うま味調味料」工業の進歩・発展と共に、食生活の向上に貢献することを目的として、「うま味調味料」(グルタミン酸ナトリウム)の製造に当時従事していた9社により1948年(昭和23年)に発足しました。

現在の協会会員会社は、 味の素株式会社MCフードスペシャリティーズ株式会社ヤマサ醤油株式会社株式会社新進 の4社であり、うま味の概念及び「うま味調味料」の普及・啓蒙を目的とした活動を行っています。

当協会は広報部会と技術部会の2つの部会から構成されており、広報部会は「うま味」、「うま味調味料」への理解促進を目的として、当ホームページの運営、セミナーの開催、冊子やポスターの発行・配布等、広範な活動を継続しています。

技術部会は、学術的なうま味概念の確立とうま味研究の推進を目差して、これまで長年にわたり、国内外のうま味に関する研究の助成を行なってきました。
1982年には、各大学の関連分野の先生方が中心になり、 うま味研究会 が発足し、以来数多くフォーラムやワークショップが開催されており、技術部会はこの事務局もつとめています。

また1985年には、うま味研究会の主催で、うま味の国際シンポジウムがハワイで開催され、「うま味=UMAMI」は、国際的にも学術用語として認められました。1990年には、第二回のうま味の国際シンポジウムがシシリーで開催され、その論文集がアメリカの学術誌 "Physiology & Behavior"の特集号として出版されています。
これらは生理学、栄養学、食品学、調理学等々、幅広い分野にわたる基礎的研究が実ってきた成果であり、「UMAMI」は世界の共通語として更に広く認知されるようになりました。

日本うま味調味料協会

所在地:
〒104-0032
東京都中央区八丁堀3丁目11番8号
ニチト八丁堀ビル3階
Tel:
03-3551-8368
Fax:
03-3551-4371

「化学調味料無添加表示」についての協会の考え