「うま味」ってなんだろう?
うま味の知識

うま味の発見は日本人科学者

日本では古くから料理に昆布だしが使われてきました。昆布に含まれる成分においしさの元があると、経験的に知られていたのです。
これに注目した東京帝国大学・池田菊苗博士は、昆布だしの味の正体を明らかにする研究を始めました。そして1908年、昆布からグルタミン酸を取り出すことに成功。グルタミン酸が昆布だしの主成分であることを見出し、その味を「うま味」と名づけました。

池田菊苗教授

東京帝国大学・池田菊苗博士

UMAMIは世界共通の公式用語に

グルタミン酸につづいて、かつお節に含まれるイノシン酸、干ししいたけに含まれるグアニル酸もうま味を呈することが解明されました。これらの研究成果は国際的な場でも取り上げられ、1985年に開催された第一回うま味国際シンポジウムを機に、うま味(英語表記=UMAMI)という用語が国際的に使用されることになりました。

UMAMI

うま味を発見した池田菊苗博士は日本の十大発明家の一人

うま味の成分を解明した池田菊苗博士は、グルタミン酸を主成分とした調味料(グルタミン酸ナトリウム)の製造法特許を取得。博士はこの功績によって、「日本の十大発明家」の一人に選ばれました(特許庁は、日本の工業所有人権制度100年〈昭和60年4月18日〉を機に、歴史的な発明者の中から10名を選定。)。
1909年には最初のうま味調味料が市販され、1940年代までには世界各地でも販売。発明から約100年たった現在では世界100カ国以上で広く使われています。

日本十大発明

日本の十大発明家

4/6

次へ:世界各国のうま味文化

前へ:うま味の生理学

「うま味」ってなんだろう?トップへ