テーマ

焼く、主菜

2020年04月01日 UP

食塩相当量(1人分)

2.1g

ハンバーグは子供も大人も大好きな定番メニュー。大根おろしの和風味で、さっぱりといただきましょう。すだちがなければ、代わりにレモンでも。合いびき肉は、脂身の少ない赤身のものを選べばよりさっぱりと仕上がり、しかもカロリーダウンできます。

材料2人分

  • 合いびき肉

    200g

  • 玉ねぎ

    1/2個

  • バター

    小さじ2

  • 1/2個

  • 牛乳

    大さじ2

  • 生パン粉

    カップ1/2

  • 小麦粉

    適量

  • サラダ油

    大さじ3

  • 小ねぎ

    2~3本

  • 大根おろし

    カップ3/4

  • すだち

    1個

〈A〉

  • 小さじ1/3

  • うま味調味料

    少々

  • こしょう

    少々

〈B〉

  • みりん

    大さじ2

  • しょうゆ

    大さじ1と1/2

  • 大さじ1

  • うま味調味料

    少々

  • カップ1/2

◉材料メモ

・ハンバーグ種は休ませることでひき肉とほかの材料がしっとりとなじみ、肉が焼き締まってかたくなるのを防ぎます。薄くまぶした小麦粉はうま味のある肉汁が外に流れ出るのを抑え、またうま味調味料で味に奥行きの加わったソースがからまりやすくなって一石二鳥。

作り方

  1. 玉ねぎはみじん切りにし、バターで炒め、冷ましておく。合いびき肉にAを加え、肉が冷たいうちに粘りが出るまで練り混ぜる。卵を加え、よく混ぜる。冷ました玉ねぎ、牛乳の順に混ぜ、生パン粉を加えたらサッと混ぜる。冷蔵庫で2時間以上、休ませる。

  2. 手にサラダ油少々(分量外)を塗り、半量を丸めて小判形にし、たたいて空気を抜き、中心をくぼませる。残りも同様にする。

  3. 茶こしなどで両面に薄く小麦粉を振り、サラダ油を熱したフライパンに並べる。弱火で5~6分焼き、裏返して中火で2~3分焼いて取り出す。

  4. フライパンの油をあけてBを入れ、強火にかけてソースを作る。ハンバーグを加え、ソースをからめるように1~2分煮る。小ねぎを小口切りにして大根おろしに混ぜる。ハンバーグとソースを盛り、大根おろしとすだちを添える。

先生プロフィール

小川聖子(おがわ・せいこ)
女子栄養大学卒業。栄養士。親しみやすく失敗のない料理に定評があり、テレビ、雑誌などで活躍中。特に野菜に精通し、一汁三菜の食卓を提唱している。近著に『ゴーヤー、オクラ、とうもろこし、枝豆のおかず』(グラフ社刊)など