テーマ

郷土料理、主菜

2020年03月24日 UP

食塩相当量(1人分)

3.0g

うま味調味料ポイント!

・だしの代わりに
素材の持ち味を引き立てながら、素材から出るうま味との相乗効果によって、煮物をおいしくします。

 

祭りや祝いの席に欠かせない、博多を代表する郷土料理のひとつ。鶏肉や野菜を油炒めしてから煮るこくのある煮もので、他の地方でも筑前煮と呼ばれ親しまれています。「がめ繰り込む(いろいろな材料を混ぜる)」が名前の由来とも伝えられています。

材料4~6人分

  • 鶏もも肉

    2枚(400g)

  • ごぼう

    1本

  • れんこん

    1節

  • こんにゃく

    1枚

  • 干ししいたけ

    1枚

  • にんじん

    大さじ3

  • カップ1と1/2

  • うま味調味料

    少々

  • 砂糖

    大さじ2

  • みりん

    大さじ3

  • しょうゆ

    大さじ4~5

  • さやえんどう(ゆでたもの)

    12枚

  • サラダ油

    大さじ2

作り方

  1. 鶏もも肉はひと口大に切る。ごぼうは皮をこそげて斜め切りにして薄い酢水にさらす。れんこんは皮をむいてひと口大の乱切りにし、薄い酢水にさらす。こんにゃくはスプーンでちぎり、塩でもんで水で洗い、水から始めて5分ほどゆでる。干しいたけは水でもどして石づきを切り、半分にそぎ切る。にんじんはひと口大の乱切りにし、里いもは皮をむく。

  2. 鍋に油を熱し、鶏肉を入れてよく炒め、両面に軽く焼き色をつける。

  3. 水気をきったごほうとれんこん、こんにゃく、干ししいたけ、にんじん、里いもを加えて炒める。酒をふり、水を加えて煮立ってきたら、火を弱めてアクを取る。

  4. うま味調味料を加えて混ぜ、砂糖、みりんを加え、落とし蓋と鍋蓋をして8分ほど煮、しょうゆを加えて混ぜる。さらに10分ほど煮、最後にさやえんどうを混ぜる。

先生プロフィール

大庭英子(おおば えいこ)
料理研究家。家庭で作りやすい和洋中エスニックのレシピを婦人誌・料理書などで指導。今回は、郷里の福岡でお母さんがよく作ってくれた懐かしい味を教えてもらいました。