活動報告

親子cooking教室 味覚を育てて食育に!野菜ももりもり食べられる! 「うま味調味料」で子どもがよろこぶ和食がで~きた!

うま味は約100年前に池田菊苗博士が昆布から発見!
博士がうま味調味料の製造法特許を取得した7月25日が「うま味調味料」の日となっています。
「うま味調味料の日」を記念して、5月17日に親子cooking教室が開催され「サンキュ!」ブロガー親子10組が参加し、ふだんの料理があっという間においしくなって、食育にも役立つ「うま味調味料」の効果を体験しました。
このイベントの様子が、雑誌「サンキュ!」8月号に掲載されました。

「うま味調味料の日」記念~親子 Cooking 教室開催!

Lesson1 日本うま味調味料協会によるうま味講座からスタート。

かつおだしに「うま味調味料」を加えることによるうま味の相乗効果の体感や、「うま味調味料」をふったゴーヤの試食による、野菜の苦味を抑え、野菜のおいしさをひきたてる「うま味調味料」の効果の体感など、おどろきの体感を交えながら、うま味について学んでいただきました。

Lesson2 「うま味調味料」はさとうきびから作られる!

さとうきびなどを絞った糖蜜や、でんぷんを発酵させて、「うま味調味料」は作られます。本物の2m以上もあるさとうきびも展示され子供たちから歓声が!さとうきび搾り体験も行われました。

Lesson3 親子でうま味を使っておいしく作ってみよう!

うま味について知ったあとは、実際に「うま味調味料」を使ってクッキング!
料理研究家の山崎典子先生にレッスンしていただきながら、初めてお料理した子もとても上手に、
和食の「一汁三菜」プレートを完成させることができました!

かつおだし+うま味調味料相乗効果体験